1、青花入れ

青花(水に浸すと消える液)を筆の先に付けて完成した図案の上に白生地(絹)を置き写しながら細かい線で描く。

       


2、糸目糊入れ(防染)

糸目糊を筒の中に入れ搾り出しながら青花で描いた線の上をトレースしていく。防染:柄の周囲を細い線で囲み染料がにじまない為のもの。

  

3、色さし・湯のし

一筆一筆色を置きハケでぼかす。湯のし(蒸す作業)をする。


4、引き染め

布地(バック)の色を決めハケに染料をつけながら染めていく。